DJ RYO-ICHI
ハウス☆コレクション



「ハウスって何??」  よく質問を受けます。

歴史的な事を言えばHouse/ハウス(house music)とは1970年代後半にアメリカのシカゴで誕生した音楽ジャンル。
当時のシカゴにあったディスコ「ウェア・ハウス」の「ハウス」がその語源というのが有力な説です。

そこでDJをしていたFrankie Knucklesが(現在も現役で、時々来日しDJ PLAYを披露している)
リズムトラックを自分であらかじめ録音し、それを現場でレコードとMixしながら実験的に流したのが始まりと言われています。
これでお分かりのように、まだまだ新しい音楽ジャンルで、クラブの現場で発展してきました。

ハウスの特徴は「4つ打ち」といわれるクラブミュージックの特徴的なビート音。
大抵の音楽は一小節は4拍子ですが、その4拍に対して均一にビートが打たれているのです。

想像してください。クラブミュージックというジャンル。人々が音楽に乗りやすい方が楽しみやすいでしょう。

4つ打ちのシ゛ャンルには他にもトランスやテクノなどもありますが、ハウスはその中では一番速度がゆったりしています。
音楽の速度をBPMという単位で表しますが、一分という時間は60秒。
一秒に一泊のリズムを刻むとすると、時計は60BPMであると言えます。
(これをふまえてハウス曲の一般的なBMPは125〜135BPM程度。時計の二倍速強くらいと思って下さい。)

またハウスはクラブミュージックです。
家でヘッドフォンで聴くためではなく、クラブの高性能な音響システムを通じて聞く事を想定した音作りがされている事が多く、クラブで聴いた方がずっと楽しめます。

・4つ打ちである。
・大体のBPMが決まっている。

という程度しか定義がありませんので、ハウスはとても自由度の高いジャンルです。
ですので、ハウスというのは大きな定義で、更にディープハウス・アッパーハウス・プログレッシブハウス等のジャンルに細分化もされています。
(もちろん明確な線引きができる訳ではないのですが)

また最近ではロックやポップスの人気曲がハウスバージョンにリミックスされるというような事も増えて来ていて、
ハウスを知らない人も自然に耳にしている事が多くなっていると思います。

自分の知り合いがこんな事を言いました。

「ハウスは無限の音楽だから好きです。」

ぜひ、みなさんもこの無限の音楽を感じてみてください。




icon ≪ 新譜編 ≫


icon ≪ ヒット曲編 ≫


icon ≪ 名曲編 ≫



DJ RYO-ICHIはハウスの中でも主にアッパー・ボーカルハウスをPLAYするDJです。
またこのコレクションはハウスを知らない人でも楽しめるような曲を中心にご紹介しています。





  icon クラブ初心者でも楽しめるクラブイベント【 HAPPY SPACE 】

icon DJ RYO-ICHIのGO TO THE CLUB




 
DJ RYO-ICHI ハウス☆コレクション 2009.06.17